プロフィール

DSCF3666

行政書士 まつい法務事務所 代表の松井初美と申します。

20歳代前半から、看護師として香川医科大学付属病院(現:香川大学医学部附属病院)の脳神経外科病棟で働いていました。学生時代の研究発表で「脳血管疾患による失語症」をテーマとし、学校代表として県で発表したことから、脳神経外科に配属されたのです。

しかし約5年後、看護師としての生活にピリオドを打つことになります。ハードワーク・夜勤による体力の限界、人を物のように扱うターミナルケアの連続による精神力の限界、その他医療現場の現状によるストレスからの体調不良等が相まって退職。もう二度と看護師として働かないと決め、この歳まで資格があることすら封印してきました。

30歳代前半からは保険会社に勤務し、生損保のプロとして営業活動を行ってきました。その間、2級FP技能士の資格や、銀行業務検定税務3級等を取得。FPとしても活動していましたが、次第に、保険業界での営業だけではお客さま満足度を十分満たせないと感じ始めました。ちょうどそのころ会社で本社表彰を受けるなど、やり尽した感を得たため、お客さまにさらなる満足を提供したいと思い立ち、一念発起し、行政書士をめざすことにしました。

仕事をしながら独学で猛勉強をした結果、1年9か月の受験勉強期間を経て、平成24年の行政書士試験に合格。
平成25年4月に登録し、行政書士事務所を開業しました。
登録番号 第13360816

同年12月 相続診断士を取得。認定番号 500954

平成26年3月、1年間の兼業の後、約19年勤めた保険会社を退職しました。1社専属にこだわらず、FPとして総合的なアドバイスを提供したいと思ったのと、行政書士としてさらに研鑽を積むためです。

同年12月 宅地建物取引主任者試験 合格。
平成27年3月19日 宅地建物取引主任者資格登録。
登録番号(香川)第008072号

平成27年6月、香川県行政書士会理事、支部幹事、政治連盟幹事の3役に任命されました。